利益を得る

移転価格税制が適用されるリスク

海外に子会社を作る事で、税金対策をする事があります。わざわざ子会社を設立しなくても、グループ企業であれば海外に存在する会社を所持している場合もあります。彼らは販売価格や製造価格に工夫を凝らす事で、徴収される税金を少しでも軽減しようとしているのです。支払いの負担を減らせれば、それだけ企業の利益は大きくなります。 しかし本社と子会社の取引はリスクを孕んでいるのです。なぜなら子会社と同じ国に存在する企業に対して、同じ価格で製品を販売する事はあり得ません。子会社が利益を得るためには、第三者への販売は必須です。そのためには子会社に対しての販売価格は、多少安めに設定されます。しかしそれが不当な取引だと税務局に睨まれると、移転価格税制が適用されます。

適正価格の算出を助ける業者

ある商品の販売利益に移転価格税制を課せられると、支払う税金は激増してしまうのです。移転価格税制を避けるためにはグループ間取引を行わないか、子会社への販売だけに限定するかのどちらかを選ぶしかありません。もしくは移転価格税制を認めた上で、アクションを起こしていくかです。 本社と子会社の間で移転価格を設けるならば、それを最適な形にする事を求められます。国によって税率は異なるため、適当な設定では税金の納付額が上がる恐れがあるからです。 それを補助すべく移転価格コンサルティングと呼ばれる仕事が登場しました。彼らが目的にしているのは、移転価格を適正な値にする事です。税制に関する深い理解があるため、心強い味方である事は間違いありません。